浪費家で自己管理ができない債務者の体験談

私は元来、お金の管理が苦手で、かつ、浪費家です。

 

当然、クレジットカードでキャッシングも経験しており、さらにキャッシングで苦い経験もあります。

 

その経験を活かして、メリットや注意点について思うことを書きたいと思います。

 

借り入れのメリット

まずメリットとして挙げられるのは、手軽である点です。

 

というより、メリットはこれだけのような気がします。

 

大体のクレジットカードの機能として付されている場合が多く、新規の手続きなどは不要ですので、消費者金融を利用せずにお金を借りれます。

 

消費者金融を利用しないので安心感もあるでしょう。

 

 

借り入れのデメリット

一方で、注意しなければならないことと言えば、その利率、お金の管理(返済額と債務残高の管理)でしょう。

 

手軽に利用できるが故に、いつ、いくら借りたか、その利率がいくらかを意識する機会が中々ないように思えます。

 

軽い気持ちで何度か利用しているうちに、知らないうちに債務残高が大きくなってしまうケースがありますし、やはり利率も低いとは言えない水準です。

 

返済額を一定にしている場合、中々債務残高は減らずに利息を長い間払わないといけない場合も多いです。

 

 

私自身、先述した経験で多いに苦しめられました

飲み会が多くなる年末や春先などに借りていくうちに、結構な債務を抱えました。

 

ご自身の収入と債務のバランス感覚は相当に気を使う必要があると思います。

 

ちゃんと月々の収支をつけた方が良いでしょう。

 

 

誰でも手軽にキャッシングできる罠

キャッシングのビジネスの仕組みを考えると、「誰でも」「いつでも」「気軽に」できる点がミソです。

 

通常、銀行はお金を貸す先の信用状況を詳細に調べ、個別に貸出利率を決定します。

 

「誰でも」借りれるということは、信用状況が芳しくない人でも借りることができ、貸し倒れのリスクはそれだけ高くなることを意味し、そのためキャッシング利率は高く設定しないと貸主が損をしてしまいます。

 

手軽である分だけ、そのコストを利息として支払わなければならないのです。

 

なので、債務を長期に渡り抱えることはそれだけ多くの利息を支払うことになるのです。

 

もう、支払いができずに辛い思いをして懲りました。気をつけます。

 

クレジットカードの支払いできない場合はどうすれば?Topへ